東海の城.com

高天神城

高天神城(たかてんじんじょう)は静岡県掛川市上土方・下土方にあった城。高天神を制するものは遠州を制するといわれた要衝。

高天神城外観

現在は国の史跡に指定され、武田信玄勝頼と徳川家康が激しい争奪戦を繰り広げた、難攻不落の城としての曲輪の構造や、土塁・掘割をうかがい知ることができる。

搦手門





高天神境社内略図


参道





高天神想像図


本丸跡





高天神略年表など


元天神社


御前曲輪


御前曲輪からの眺め1


御前曲輪からの眺め2


御前曲輪からの眺め3


かな井戸


高天神社1


高天神社2


高天神社3


切割


馬場平からの眺め


大手門


高天神城の動画

基本情報
城郭構造 連郭式山城
築城主 不明
築城年 16世紀初頭
遺構 土塁、曲輪、石碑
住所 静岡県掛川市上土方・下土方
アクセス 東名掛川ICより約15分。
JR掛川駅北口3番乗り場から掛川大東浜岡線「浜岡営業所」行又は「大東支所」行で「土方」下車、徒歩約15分。
地図
【 私の訪問日 】
2014年8月17日 午前
【 ひとこと 】
ちょっとした登山をしながら、すべて廻ると1時間ぐらいかかると思います。深い歴史を感じる場所です。ぜひ予備知識を持って訪れてみてください。